富山県手をつなぐ育成会からのお知らせ

富山県手をつなぐ育成会からのお知らせ
 
NEW!知的障害への理解啓発活動 キャラバン隊「ぱすてる」デビュー!
2018-06-18
~ みんなちがって、みんないい ~
障害を知ってもらう、きっかけづくり。
障害への理解啓発活動です。
 
キャラバン隊とは?
今、全国の育成会や、障害のある人の家族の会が中心となって、障害への理解を深めるための活動、「キャラバン隊」による理解啓発活動が広がっています。
障害の疑似体験や、日常の困りごとの寸劇、親心を伝える朗読などを通し、障害のある人のことを、知ってもらい、理解してもらう、きっかけづくりを進める活動です。
 
富山にも、
キャラバン隊「ぱすてる」がデビュー!
2018年の春、富山にも、社福)手をつなぐとなみ野の職員さんが中心となり、キャラバン隊が誕生しました。
キャラバン隊の名前は「ぱすてる」です。
前年から、キャラバン隊関係の研修会への参加や、浜松市育成会のキャラバン隊「浜キャラ」さんに寸劇のシナリオを提供していただき、保護者の方と意見交換もしながら準備を進めてきました。
2018年3月、法人主催の福祉フォーラムで、旗揚げ公演を行い、6月の富山県育成会大会でも、2本の寸劇を披露しました。
〇地域の皆さんを対象としたもの 
「バス停 ~ 順番を守ろうね ~」
〇小学生を対象としたもの   
「図工の時間 ~ あっち?こっち?ちゃんと? ~」
 
今後のキャラバン隊の活動について
県内の小・中学校や、地域の皆さんに向けた啓発活動を目指し、県内各地に、キャラバン隊での活動の輪を広げたいと思います。
みんなで、あれこれ話し合ったり、考えたりしながらの活動は、とても楽しいものです。
一緒にプログラムを考えたり、小道具を作ったり、公演メンバーが足りない時には、助っ人としてお手伝いしたり。
あなたも、「キャラバン隊」活動に参加しませんか?
 
 
 
 
 
NEW!「ヘルプマーク」の普及について(H30年7月スタート)
2018-06-18
ヘルプマークを知っていますか?
  援助が必要な方のためのマークです。
 
外見からは分からなくても、援助が必要な方がいます。
このマークを見かけたら、困っているようであれば、
電車内で席をゆずる、声をかける等、
思いやりのある行動をお願いします。
 
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見からは援助や配慮を必要としていることが分かりづらい方がいます。
そのような方々が、かばんなど身に着けることで、周囲の方々に援助は配慮を必要としていることを知らせ、支援を受けやすくするものです。
平成24年に東京都が作成し、現在、多数の府県で導入が広がっています。
富山県でも平成30年7月より普及を開始します。
 
下記の場所で「ヘルプマーク」を
必要とする方に配布しています。
 富山県障害福祉課、各市町村障害福祉担当課、
 県厚生センター及び富山市保健所
ヘルプマークの普及を応援、
周知にご協力ください。
 応援していただける方や、事業所にポスター及び
 チラシをお配りしています。
 詳しくは、富山県障害福祉課までお尋ねください。
 富山県厚生部障害福祉課 電話 076-444-3211 
 
 
 
事務局にも1つ見本があります
 
NEW!映画「はたらく」金沢上映のご案内
2018-06-15
映画「はたらく」を応援する会事務局、ロゴスフィルム様よりご案内をいただきました!
 
映画「はたらく」金沢上映について ⇒ HPはこちら

◎日時 2018年6月30日(土) 

    ①11時~(開場10時30分) ②14時~(開場13時30分)

◎会場 金沢21世紀美術館 シアター21 (石川県金沢市広坂1-2-1)

◎後援 金沢市、金沢市教育委員会

★そのほか、鑑賞料金等の詳細はこちらをご覧ください!

  

「はたらく」 喜び、泣き、働く。

<あらすじ>

映画監督のさいとうは自閉症を持つしょうへいに新作映画「はたらく」の主演を依頼し、しょうへいは快諾する。

監督としょうへい二人での映画撮影をするための練習が始まるが、しょうへいにとっては難しいことが多くなかなかうまくいかず、映画撮影が実際にできるのか心配を抱える監督。

困っている監督に一緒に練習をする俳優仲間が与えられ、本格的(?)に映画撮影のための練習が始まる。

しょうへいは映画俳優としての仕事を全うすることができるだろうか?

そして本番の映画撮影に入り、どのような作品が完成するのだろうか?

 
NEW! NPO法人Jam 10周年記念パーティ~10年分のありがとう~
2018-06-15
NPO法人JAM様より、開所10周年記念パーティーのご案内をいただきました!
とても、にぎやかな楽しい会になりそうです!みなさん、ぜひ足をお運びくださ~い!!
 
「Jam10周年パーティ 
    ~10年分のありがとう~」
 日時 2018年6月23日(土)10時~12時
 会場 高岡文化ホール 多目的小ホール
 
 ■フイ ケアオアロハ サヨフラスクール&えいぶる&JAMのフラダンス
 ■刺しゅう と さをり織り のファッションショー
 ■木南志穂のみんあなでワクワクワラムジカん♪Withヤマダベン
 
【販売】
 GOODS:えいぶる、ふらっと、ロシナンテ
 FOODS:いっぽ堂、ジョブライフ万葉、パンド・ミー、る・ふっくらん
 
<特定非営利活動法人 Jam>
電話 0766-30-4881
 
 
ボーダレス・アート・セッション in TOYAMA
2018-03-09
既存の知識・技術・流行に影響されない作品 アール・ブリュット=生の芸術
OPEN DOOR!
ボーダレス・アートセッション in TOYAMA
砺波セッション(終了しました) 2/23(金)~25日(日)
新川セッション(終了しました) 3/2(金)~4(日)
 
<富山セッション 富山県民会館・美術館>
~作品展示、アールブリュットの歴史、解説~
3/21(祝・水)~25日(日)10時~18時
 
【特別講演 映像上映 トークセッション】
3月24日(土)13時~16時30分
13:00 開場
13:10 特別講演 
 「それってアートなの?多様な人々が暮らす地域社会から生まれる表現について」
14:10 映像上映
 ※チューリップテレビ 月~金曜18:15~「ニュース6」の特集から
15:00~16:30 トークセッション
 「地域・障害者にとってのアート、そしてアートがつなぐ地域って?」
 
詳細は、こちらをご覧ください⇒  アートNPO工房ココペリ 
 
3/21(祝)「世界ダウン症の日」啓発活動
2018-03-09
日本ダウン症協会 富山支部(つなGO)さんよりご案内をいただきました。
 
3月21日は「世界ダウン症」の日
富山支部(つなGO)さんでは、今年も県内3カ所で、
ダウン症の啓発活動を行います。
11時頃から、数カ所の出入り口で啓発活動を行われますので、
ぜひ、応援してください!
●フューチャーシティー ファボーレ(富山市)
●イオンモール高岡(高岡市)
●アピタ魚津(魚津市)
 
ダウン症の啓発活動として、リーフレット&チラシ、各種グッズを配布します。
早く来てくださった方には、先着で素敵なグッズもプラスして入ってま~す。
 
3/25(日)福祉フォーラム「津久井やまゆり園事件を風化させない!」
2018-02-20

障害者への差別や偏見、また、被害者の匿名報道等をふりかえり、

地域社会に向けて、今後、どのように「障害」への理解を、

伝えていくのか、広げていけばいいのかを考えます。

-福祉フォーラム-
「津久井やまゆり園事件を風化させない!」

 

<基調講演> 

  久保 厚子氏(全国手をつなぐ育成会連合会 会長)
<シンポジウム>
 コーディネーター
  村上 満氏(富山国際大学 子ども育成学部 教授)
 パネリスト
  久保 厚子氏
  野沢 和弘氏(毎日新聞論説委員)
  関哉 直人氏(弁護士・全国育成会連合会 権利擁護委員)
  穴田 清 氏(知的障害者団体 代表)
 
●平成30年3月25日(日)13時30分~(受付13時~)
 (富山県南砺市やかた100 電話 0763-22-1125 )
●参加無料(事前のお申込みは不要です。)
 
●主催 手をつなぐ育成会となみ地域連合会/社会福祉法人 手をつなぐとなみ野
<お問合せ先>社会福祉法人 手をつなぐとなみ野 (電話・FAX 0766-68-3822)
 
 
生活サポート補償制度2018年度版のご案内
2018-02-10
 
冊子「手をつなぐ」 年間購読しませんか?
2018-02-02
気になる「暮らし」や「仕事」、「お金」のこと。
だれもが迎える、「高齢化」や「親亡き後」のこと。
これからの福祉制度や障害福祉サービスなど、障害福祉に関わる情報を、
どこより、何より、わかりやすく、いち早くお届けします。
今、知っておくべきこと、将来役立つこと、毎月、少しずつ蓄えていきませんか?
 
全国手をつなぐ育成会 冊子「手をつなぐ」
<年間3,900円。毎月お手元に届きます。>
全国手をつなぐ育成会連合会が編集・発行する機関誌『手をつなぐ』は、
知的障害のある人の暮らしに役立つ情報が満載です。
知的障害のある人の親・家族をはじめ、福祉・教育・行政関係者などにも
愛読され、50年以上の歴史を刻んできました
 
【特集】知的障害のある人の暮らしに関する問題を取り上げます。
【ひびき】各方面で活躍する方による心温まるエッセイ
【今月の問題】障害福祉に関する時事問題に、鋭い視点を投げかけます。
【そのほか】法制度のわかりやすい解説や、ユニークな地域活動の紹介など連載コーナーも好評。
 障害のある人の声を伝えるページも充実しています。
 
<ご確認ください!>
★年度途中にお申込された場合には、該当年度4月号までさかのぼってお届けします
★年間購読となりますので、途中での解約はできません。
★3,900円は、全国手をつなぐ育成会連合会の「賛助会費」として、全国の会員同士が手をつなぎ、
暮らしやすい社会を目指す活動費となります。(うち50円は、災害支援基金に積立)
 
【お申込・お問合せ先】一般社団法人 富山県手をつなぐ育成会まで
電話076-441-7161 FAX076-441-7255 メール toikusei@minos.ocn.ne.jp
 
第8回地域福祉フォーラム in TOYAMA
2018-02-08
「NPO法人とやま地域福祉ネットワーク」様よりご案内をいただきました。
 
第8回 地域福祉フォーラム in TOYAMA
~0歳から100歳までの、いききとした暮らしを支える
                               「思い」と「知恵」と「腕」~
●日時 平成30年3月3日(土)10時~17時(受付9時30分~)
●会場 富山県高岡文化ホール 1階多目的小ホール
●参加費 4,000円(学生無料)
 
●お申込み H30年2月26日(月)〆切 FAX 0766-54-0465
ブログから申込フォームに入っていただき、必要事項をご記入いただくか、
申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXにてお送りください。
 
<お問合せ先>とやま地域福祉ネットワーク事務局
電話 0766-54-0463 (NPO法人くるみ 担当:坂下)FAX 0766-54-0465
富山県手をつなぐ育成会
〒930-0094
富山県富山市安住町5-21
TEL.076-441-7161
FAX.076-441-7255
-------------------------------
知的障害者の自立(就労・生活支援)
を目的とした保護者・本人および支援者の組織
-------------------------------
<<富山県手をつなぐ育成会>> 〒930-0094 富山県富山市安住町5-21 TEL:076-441-7161 FAX:076-441-7255