富山県手をつなぐ育成会からのお知らせ

富山県手をつなぐ育成会からのお知らせ
3
 
2/26(日)研修会「気になる思春期]
2017-02-02
研修会『~おとな?こども?~ 気になる思春期』
 
●日時 平成29年2月26日(日)13:30~15:30(受付13:10)
●会場 サンシップとやま 6階601号室 (富山市安住町5番21号)
●講師 東 真盛さん
    (社福)めひの野園うさか寮施設長、めひの自閉症地域生活支援センター長)
 
障害のある子どもを、親や周りは、実年齢より幼く扱ってしまいがちですが、どのお子さんも成長し、一人ひとり個人差はあっても、いつか「思春期」はやってきます。
からだの変化や、こころの成長で、バランスを保つのが難しくなったり、異性への関心や問題行動がでてきたり。この時期には、ちょっと人には相談しにくかったり、赤裸々には話題にしにくい悩み事がでてきます。
とっても気になる、お子さんの「思春期」。成長、成熟していく子どもへの戸惑い、悩み、不安、そして、お子さんへの接し方を一緒に考えてみませんか?
  
<お申込み>2月21日(火)までに富山県手をつなぐ育成会へ 

 電話076-441-7161 FAX076-441-7255 メール toikusei@minos.ocn.ne.jp

 ①ご氏名 ②ご所属・支部 ③電話/FAX ④メールアドレス ⑤同席者

 をお知らせください。

メールでお申込みの際には、タイトルを「思春期研修会」としてください。

※定員になり次第、締切ます。お申込みはお早目にお願いいたします。

※天候不順、講師都合等で日程変更等がある場合のみ、こちらからご連絡をいたします。

※サンシップ横の屋外大駐車場をご利用ください。館内駐車場もご利用いただけます。

 
2017年度生活サポート総合補償制度のご案内
2017-02-01
 
映画「真白の恋」2月11日公開決定!
2017-01-18
映画「真白の恋」が
2/11(土)から公開されます!
富山を舞台に、軽度の知的障がいがある女の子、
「真白(ましろ」の初恋と、家族の姿が描かれています。
 
オール富山ロケの映画「真白の恋」。
企画制作・監督は富山出身の坂本欣弘さん。
脚本の北川亜矢子さんには、軽度の知的障がいのある弟さんがあり、その弟さんをモデルに、この映画のオリジナル脚本を書き上げられました。
“日本のベニス”とも称される富山県射水市、この港町を舞台に、軽度知的障がいのある女の子、主人公・真白(ましろ)の初恋と、様々な問題に直面しながらも、前向きに人生を歩んでいく人々の姿が描かれています。
是非、映画館でご覧ください!!
(応援もよろしくお願いいたします!)
 
TOHOシネマズファボーレ富山
富山市婦中町下轡田165-1 電話050-6868-5009
TOHOシネマズ高岡
高岡市下伏間江383イオンモール高岡2F
電話050-6868-5020
↑富山出身の坂本監督
 
キャラバン隊フェスティバル(東京)に参加しませんか?
2017-01-10
<NPO法人PandA-J・全国手をつなぐ育成会連合会よりご案内をいただきました>
集まろう!キャラバン隊フェスティバル 2017.2.25(土)
 障害者差別の解消や合理的配慮を、次の世代の子どもたちに伝えたい!
PandA-J「学校プロジェクト」
NPO法人PandA-Jでは「学校プロジェクト」を立ち上げ、これまでキャラバン隊を実践してきた親の皆さんや特別支援学校の教員、弁護士、支援者たちが一緒になって調査今日研究を進め、今までにない視点の教材やプログラムを作成しているところです。
知的障害や発達障害の理解と支援のために活動する「キャラバン隊」が、今、全国に広がっています。
「学校プロジェクト」では、子どもたちが、障害とは何か、配慮とは何かを体験することで、自分のまわりにいる障害のある子どもを仲間と感じ、子どもの心の中にバリアフリーが芽生えてくること、その延長としての多様性を受け入れられる社会づくりを目指しています。
 
●平成29年2月25日(土)12:30~16:30
●東京しごとセンター地下2階 講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3)
●定員200名、参加無料(キャラバン隊に興味のある方、他どなたでも参加可能です。)
●主催 NPO法人PandA-J「学校プロジェクト」
●共催 白梅学園大学 子ども学部発達臨床学科、全国手をつなぐ育成会連合会
 
<プログラム>
◆講演 堀江まゆみ(白梅学園大学教授、NPO法人PandA-J代表)
「合理的配慮って?Win-Winの大事さをクールにさり気なく!」
 -次世代の子どもたちに伝えるべき合理的配慮の視点ってなんだろう?-
◆キャラバン隊実演「合理的配慮のためのキャラバン隊」
◆ポスターセッション「つながろう!全国のキャラバン隊たち」
◆シンポジウム「新しいキャラバン隊活動を、どうやって教育や地域啓発に活かしていくか」
コーディネーター 関哉直人(弁護士)/シンポジスト 学校関係の方々、育成会の立場から
 
 <お申込み先>PandA-J事務局 
FAX 042-349-7373 メール info-panda-j@shiraume.ac.jp
※メール、FAXの件名に「2月25日キャラバン隊フェスティバル申込」と明記
※お名前、所属や立場、連絡先(メール、電話)をご明記ください。
 
会報第162号を掲載しました。
2016-12-19
 
「しのたけ・あーと・せっしょん」のご案内
2016-11-18
しのたけ・あーと・せっしょん
しのたけ・あーと・せっしょん
アート工房NPOココペリ様より、ご案内をいただきました。
●12月1日(木)~13日(火)9時30分~17時30分
(5日(月)・12日(月)は休み。最終日は14時まで。)
●射水市立大島絵本館
(射水市鳥取50 電話0766-52-6790)
●絵本館入場料500円・DM持参の場合は無料。
(※DMは富山県育成会にも、何部かございますので、
       ご希望の方は、お申し付けください。)
●主催 アートNPOココペリ
 
シノタケは知的障害をもち、福祉事業所に通所しながら、NPOココペリのワークショップで創作活動に取り組むアーティストです。
マジックとアクリル絵の具を使って、手を引っ掻くように動かしたり、ぐるぐる回したり、大胆に描きます。
でも、とても恥ずかしがり屋で、ワークショップでは、最初から最後まで、ただ黙って絵を描き続けます。できたと思ったら、何度も描きつぶし、まわりの人には完成がどうなるのか想像もつきません。
具像と抽象の境界をさらりと飛び越えた独特の作品には、何枚もの絵が重なったような深みがあります。
 
11/26(土)研修会『障害のある人の「暮らし」と「お金」』
2016-11-07
研修会 『障害のある人の「暮らし」と「お金」』
 
●日 時 平成28年11月26日(土)13時30分~16時(受付13時~)
●会 場 サンシップとやま 6階 601号室 (富山市安住町5番21号)
●講 師 又村あおいさん(全国育成会政策センター委員、冊子「手をつなぐ」編集委員)
 
誰もが気になる「お金」の話。豊かな暮らしには、「お金」は大変に重要なものです。
親・子、それぞれのライフステージの変化に伴い、必要になる「お金」は変わってきます。
生活スタイルごとに必要になる「お金」、収入と支出のバランス、年金、財産管理、高齢化と
介護保険の関係、障害の自立や親亡き後に備えた準備や蓄えはどうしたら良いのか等を、
制度や福祉サービスと照合しながら、わかりやすくお話ししていただきます。
また、今回のお話しをお聞きになれば、総合支援法3年後見直しの概要についても理解できて
しまう、という大変充実した内容となっております。
当日の資料は、最新の制度の一覧表も含め、又村さん自身、かなりの自信作!
皆様のご参加をお待ちしております。
  
<お申込み>11月21日(月)までに富山県手をつなぐ育成会へ 

 電話076-441-7161 FAX076-441-7255 メール toikusei@minos.ocn.ne.jp

 ①ご氏名 ②ご所属・支部 ③電話/FAX ④メールアドレス ⑤同席者(お子さん等)

 をお知らせください。

メールでお申込みの際には、タイトルを「11月研修会参加」としてください。

※定員になり次第、締切ます。お申込みはお早目にお願いいたします。

※天候不順、講師都合等で日程変更等がある場合のみ、こちらからご連絡をいたします。

※サンシップ横の屋外大駐車場をご利用ください。(館内駐車場は12時45分よりご利用可能です。)

 
11/3(祝・木)できることもちよりワークショップ(入善町)
2016-10-20
<NPO法人 工房あおの丘様よりご案内をいただきました>
できること もちより ワークショップ
「誰一人取り残さない」地域社会づくりプロジェクト
 
知り合う(出会い)・できることをもちよる(資源化)・連携の方法を考える(組織化)
ひとりだったら諦めていた「しかたないよね」という生きづらい地域課題を、ふたり一緒だったら、
さんにん集まれば、「なんとかなるかも!」という気付きにつなぎたい、そんなための、
ワークショップです。
 
●平成28年11月3日(木・祝)13:30~17:00(受付12:45)
●入善まちなか交流施設 うるおい館 2階イベントホール
 (下新川郡入善町入膳5232-5 電話0765-72-0123)
●定員80名(高校生以上の方にご参加いただけます)
●参加費500円(高校生無料)
●共催 NPO法人 工房あおの丘、(公財)日本障害者リハビリテーション協会
 
<お申込み・お問い合わせ先>NPO法人 工房あおの丘
電話0765-72-2248 FAX 0765-72-2278 メール info@aonooka.jp
 
11/8(火)全国育成会連合会「権利擁護セミナー(富山)」定員となりました
2016-10-17
<定員300名に達したため、お申込みをしめきりました。>
11月8日(火)サンシップとやま 1階 福祉ホール
全国手をつなぐ育成会連合会「第5回権利擁護セミナー」(富山)
「高齢化対策、残していく子の幸せのために ー 遺言・意思決定支援・成年後見 -」
 
大変好評につき、締切前ではありますが、定員に達しましたのでお申込みは締切られました。
大変申し訳ございませんが、追加のお申込みや、当日の飛び入りでのご参加には対応できませんので、
ご了承ください。
 
 
10/23(日)NHK「この子らを世の光に~ともに生きる社会をめざして」
2016-10-20
10/23(日)午後1時50分~2時55分 NHKアーカイブス
「糸賀一雄 ラストメッセージ」
この子らを世の光に ~ともに生きる社会をめざして~
 (※9年前に初回放送された番組の再放送です。)
 
今年7月、神奈川県相模原市で障害者の施設に男が侵入し19名を刺殺した事件、
「障害者は生きていても仕方がない」という容疑者の発言が大きな波紋を呼んだ。
いま見直されている言葉がある。「この子らを世の光に」。
障害福祉の父、糸賀一雄の言葉。障害者一人一人が光輝く存在ということを訴え続けた
彼の人生を描いた番組から、障害者と健常者がともに生きる社会は実現できるのか、
その大切さを事件から3か月改めて考える。
 
「この子らに・・」ではなく、『「この子らを」世の光に。』と訴え続けた糸賀先生。
3
富山県手をつなぐ育成会
〒930-0094
富山県富山市安住町5-21
TEL.076-441-7161
FAX.076-441-7255
-------------------------------
知的障害者の自立(就労・生活支援)
を目的とした保護者・本人および支援者の組織
-------------------------------
<<富山県手をつなぐ育成会>> 〒930-0094 富山県富山市安住町5-21 TEL:076-441-7161 FAX:076-441-7255